Information

最新情報

2020/06/05

お知らせ

プレスリリースの訂正とお詫び

 2020年4月23日にプレスリリースいたしました厚生労働省への届出に関する内容に誤りがございましたので、下記のとおり訂正させていただきます。関係者の皆さまには大変ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。また、HPに掲載しているプレスリリースも下記の通り修正しております。

 

1:対象プレスリリース 2020年4月23日(木)付

「福岡県で唯一糖尿病への幹細胞治療を提供している医療法人香華会

新たな細胞加工施設『福岡再生医療センター』を福岡市西区に4月27日開設」

 

2:訂正内容

【誤①】

『福岡再生医療センター』を福岡市西区に4月27日開設

【正①】

トラストセルクリニック(福岡再生医療センター)』福岡市西区に4月13日開設

【誤②】

 幹細胞治療は、再生医療等安全性確保法に基づき、厚生労働省から第二種再生医療等の認可(※3)を受けた医療機関でしか提供することができません。当医療法人香華会が運営する朱セルクリニック福岡院(https://syucell.com/fukuoka/)では、厚生労働省の認可のもと、福岡県では唯一となる糖尿病治療のほか、変形性関節症や肝障害、美容などへ幹細胞治療を提供しています。

【正②】

 幹細胞治療は、再生医療等安全性確保法に基づき、特定認定再生委員会より承認された意見書を厚生労働省に届出し、受理された医療機関でしか提供することができません。当医療法人香華会が運営する朱セルクリニック福岡院(https://syucell.com/fukuoka/)では、福岡県では唯一となる糖尿病治療のほか、変形性関節症や肝障害、美容などへ幹細胞治療を提供しています。

【誤③】

(※3)厚生労働省の認可・・・再生医療等安全性確保法により、医療として提供される再生医療等について、採取等の実施手続き、再生医療等を提供する医療機関の基準、細胞を培養・加工する施設の基準等を規定し、安全性等が確保されている。厚生労働省の認可が下りなければ再生医療の治療は提供できない。

【正③】

(※3)厚生労働省への届出・・・再生医療等安全性確保法により、医療として提供される再生医療等について、採取等の実施手続き、再生医療等を提供する医療機関の基準、細胞を培養・加工する施設の基準等を規定し、安全性等が確保されている。特定認定再生委員会より承認された意見書を厚生労働省に届出し、受理された医療機関でしか再生医療の治療を提供することができない。

一覧へ戻る